フォト
無料ブログはココログ

« 看板犬リーガル | トップページ | リーガルの家族 »

2010年8月 4日 (水)

面会の大切さ

ドレミでは成年後見の仕事をしていますが、毎月必ず後見人である所長が面会し本人に直接会ってきます。たとえ寝たきりでまったくお話のできない方であってもお会いします。そして本人もしくはスタッフに「お変わりはないですか?」と確認します。安全、安心、そして願わくばイキイキと暮らしていいるかどうかを確認するためです。ニーズの把握や課題の確認にもなります。

私が所属する群馬県社会福祉士会権利擁護センターぱあとなあ群馬では、毎月1回の面会を重点項目として位置づけています。所属する会員は年に2回、後見業務の報告をするのですが、この報告の中で定期的な面会をしているかどうかをチェックしています。

様々な施設や機関等を廻っていると、関係者から、いろいろなお話を伺いますが、時に「ほとんど面会に来ない後見人がいる・・・。」といったお話を伺うことがあり、とても残念に思います。

ニュースでは100歳を超えた方の所在不明問題が連日報道されています。40年以上も音信不通だったり、住んでいる所在地を訪ねると更地になっていたりと、驚くような内容が伝えられてきます。その一方で長期間未確認のまま、年金や長寿のお祝い品が支給されていたりします。

やはり面会は大切ですね。

フィンガーシンバル(涼しげないい音がします)

Gakki040803_020

« 看板犬リーガル | トップページ | リーガルの家族 »

成年後見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563119/49062177

この記事へのトラックバック一覧です: 面会の大切さ:

« 看板犬リーガル | トップページ | リーガルの家族 »