フォト
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月28日 (火)

第10回日本音楽療法学会に参加して

9月23日(金)~25日(日)まで第10回となる日本音楽療法学会に参加してきました。会場は神戸です。群馬からは遠いのですが、それでも乗り継ぎが良ければ4時間半もかからず神戸まで着きます。なんといっても新幹線が東京~新神戸で3時間掛からないのはすごいですね。

Ph_1832 新神戸駅にて

相変わらず行き当たりばったりの旅なので、新幹線も宿もすべて行き当たりばったりです。ちなみに東京~新神戸は600キロに満たない距離なので、往復割引の適用になりません。東京~西明石を買えば600キロ超えとなるので往復割引で10%OFFとなります。

お泊りは三宮のサウナ付カプセルホテルです。新幹線内でネット予約しました。便利な世の中になりました。

Ph_1852 サウナ付でリーズナブルに泊まれます

さて肝心の大会のほうは、なんと2000人を超える参加者でごった返していました。特に2日目のシンポジウムや座談会は兵庫県共済のため一般市民の参加もあり、3000人の参加となったようです。

初日は講習会だったのですが、私は初心に戻って音楽療法概論を受講したのですが、約500人を超える受講者でした。内容はもちろん基礎的な内容だったのですが、もちろん中堅やベテランの方であっても十分に学べる内容でした。改めて知識や技術を整理する機会になったと思いました。もちろんモチベーションをアップさせる意味でも大変意義がありました。

2日~3日目は記念講演、シンポジウム、座談会、そして研究発表と盛りだくさんな内容でした。海外の音楽療法関係職種の方の話を伺ったのですが、国家資格でないことなどから音楽療法士としてのアイデンティティが問われるといった内容でした。

交流会にも参加しましたが、とにかく全国からたくさんの会員が参加していてものすごい勢いでした。これから音楽療法士の資格を取るために来ている方が多かったのですが、みなさんとても真剣に音楽療法のことを考えていて、私にとってもとてもインパクトのある交流会になりました。

こういった研修会はそれぞれの講義は大変意義があるのですが、職場に戻ってから改めて復習や継続的な学びが大切だと思っています。なんとかアップしたモチベーションの火種を消さないように頑張っていきたいと思い神戸を後にしたのでした。

Ph_1872 会場の神戸国際会議場です

2010年9月21日 (火)

音楽療法学会

9月24日(金)~9月26日(日)まで、音楽療法学会のため神戸に行ってきます。学会は3日間あるのですが、初日は4コマの音楽療法に関する講習会、2日目は講演会やシンポジウムが中心、3日目は研究発表、座談会や自主シンポジウムなどが開催され、内容も盛りだくさんです。

講座は音楽療法概論1~4と基礎コースを取ることにしました。音楽療法の仕事に携わって14年目ですが、改めて最新の基礎的なことを学んで、新たな気持ちで音楽療法と関わろうと思っています。

今年受講した、ある講演会で、ソーシャルワーカーを育成されている大学教授のお話を聞く機会があったのですが、その中で「新人から学べ」というところが心に残りました。新人というとどうしても指導して学ばせようとすることが多いわけですが、その新人たちから学ぶということには目からうろこでした。おそらく、彼らの一生懸命さ、ひたむきさ、柔軟性、そして新しい情報を知っていることなど、ベテランが忘れがちなことを学べるからだということです。

そんなわけで、私自身も初心忘れず、基礎から新たな気持ちで学びなおそうと思っています。

群馬からはかなり遠方のため長旅になりますが、開催日間近だというのに、まだ宿や電車の切符手配をしていません。旅に関しては結構無計画、行き当たりばったりです。ま、それも良しとしますか。

2010年9月19日 (日)

ピアノマン

私がピアノを始めたのは18歳のころからでした。小中学校のころはまったくと言っていいほどピアノには興味がなく、学生時代のバンドブームがきっかけでキーボードに出会い、その後ピアノを弾くようになりました。しばらくは独学で弾いていました。

19歳になる頃に一大決心し、ピアノ教室に通いはじめ、バイエルから始めました。赤帯のバイエルを持ってピアノ教室で待っていると、目前を上位グレードの曲集を持った子どもたちが、「ん?」といった表情で通り過ぎていきました。懐かしい?想い出です。

その後、ブルグミュラー、バッハの小品、ツェルニー30番、バッハのインベンション、ソナチネと順調に進んでいきました。社会人となった20代のころの話ですが、当時はピアノを弾くのが本当に好きで、時間さえあれば弾きまくっていました。会社の寮に電子ピアノを持ち込んでヘッドホンをつけて練習していました。ところが、30歳に近づき、ツエルニー40番やソナタを弾くあたりになると、いくら練習しても指がもつれるようになってきました。ピアノ演奏法や指の動きに関する文献を読み漁って実践してみましたが、やはり改善されません。

クリティカルピリオド(臨界期)という言葉を知ったのはその後でした。脳が急速に成長する時期があり。その時期までに必要な訓練等をはじめないと、その後に始めても習得が困難になるということです。ピアノ演奏における指の動作においてもこうしたことが言えるというわけです。結局、ピアノのグレード試験に4回も落っこち、とてもショックでした。十分な努力は重ねましたが、どうにもならないこともあることを知りました。

今年の1月から再びクラシックピアノを練習しています。スタッフのお勧めで、「チェルニー8小節の練習曲」と「モシュコフスキー20の小練習曲」の2つを練習しています。朝一で仕事が始まる前に歌の練習の後1時間ほど弾きます。限界はあるにしても、少しでも上手になりたいと思っています。

ちなみにドレミのスタッフは、私以外みんな音大卒です。もちろん私よりはるかにピアノは上手です。私が1か月以上練習に悪戦苦闘している曲を、サラリと所見で弾きこなしてしまいます。ドレミの採用試験ではもちろんピアノの試験もありますが、もしも私が受験したら確実に不採用になります。

P31000633 4手連弾、かっこいいね!

2010年9月17日 (金)

カリンバ

カリンバという楽器です。もともとはアフリカの楽器です。木でできた胴体に張られた弦を指先ではじきながら演奏します。音程はかなりメチャクチャですが、とっても癒される音がします。

ピョョョ~~~ゥン

といった感じの音ですかねぇ。子どもたちにとってはとてもなじみやすい楽器のようで、指先で弦を弾いては耳元に持っていったりします。時には裏返して打楽器のように使う子どももいていろいろな活用法がありそうです。

楽器屋さんにもありますが、雑貨屋さんなどに意外とおいてあります。

Dsc03852 これは学会で購入しました。

Dsc03851 これはやや大きめで弦も太いです。

Dsc03850 素朴な感じのカリンバです。

Dsc03849 上の楽器よりやや小さめです。

Dsc03848 丸いのもあります。

2010年9月10日 (金)

ペイオフ

今日のニュースで某金融機関が破たんし、ペイオフの発動方針が固まったとの報道がありました。ペイオフが発動されると、預金のうち1000万円までとその利子までは保護されますが、それ以上の預金額については保護されないことがあります。国内では初のペイオフ発動となる見通しです。

成年後見実務においても、こうしたことへの対応は丁寧に考えておく必要があります。もし1000万円を超える預金が存在するのであれば、

①1行あたりの預金合計額が1000万円以下になるように、複数の金融機関に預けておく

②1000万円を超えた部分は「決済用預金」に切り替える。これによって利子はつかなくなる代わりに、万が一の場合でも1000万円を超える部分も含めて全額保護されます。具体的な方法として1000万円の定期預金をつくり、それ以外は決済用預金にすれば、定期には利子も付くし、保護もされます。

詳しくは各金融機関で確認されたうえで対応を検討されるのが良いかと思います。いろいろと環境が激変しやすい時代です。いろいろな意味でリスクマネジメントを考えておく必要がありますね。

2010年9月 8日 (水)

リーガルの家族2

リーガルの家族に会ってきました。

Ph_1532

こちらは父です。やたらと吠えていました。ワァァン、ワァァンと吠えています。

Ph_1592

こちらは母(左)ときょうだいメス(右)です。よく似ています。どちらもクゥ~ンと鳴いていました。

Ph_5162

こちらはある日のリーガルです。ドレミサポートハウスの事務室で昼寝しています。お気楽ですね。ZZZ・・・。

2010年9月 4日 (土)

もしドラ

これ、本のタイトルです。正確には、

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら(岩崎夏海著 ダイヤモンド社)

某高校野球部の、女子マネージャーが、たまたま読むことになった、ドラッカーの本を頼りに甲子園を目指すというストーリー。すでに発行部数100万部を超えている話題の本です。

私も経営者の端くれなので、ドラッカーの名前くらいは知っていましたが、恥ずかしながらきちんと勉強したことはありませんでした。購入してその日のうちに一気に読んでしまいました。もちろんマネジメントの神髄に触れることもできるのですが、青春小説としても本当に面白いです。

社長さんから女子高生まで、多くの人にお勧めできる本です。改めてドラッカーの理論を勉強してみたくなります。

「もしドラ」で検索すればすぐにヒットします。ぜひどうぞ~。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »