フォト
無料ブログはココログ

« リーガルの家族2 | トップページ | カリンバ »

2010年9月10日 (金)

ペイオフ

今日のニュースで某金融機関が破たんし、ペイオフの発動方針が固まったとの報道がありました。ペイオフが発動されると、預金のうち1000万円までとその利子までは保護されますが、それ以上の預金額については保護されないことがあります。国内では初のペイオフ発動となる見通しです。

成年後見実務においても、こうしたことへの対応は丁寧に考えておく必要があります。もし1000万円を超える預金が存在するのであれば、

①1行あたりの預金合計額が1000万円以下になるように、複数の金融機関に預けておく

②1000万円を超えた部分は「決済用預金」に切り替える。これによって利子はつかなくなる代わりに、万が一の場合でも1000万円を超える部分も含めて全額保護されます。具体的な方法として1000万円の定期預金をつくり、それ以外は決済用預金にすれば、定期には利子も付くし、保護もされます。

詳しくは各金融機関で確認されたうえで対応を検討されるのが良いかと思います。いろいろと環境が激変しやすい時代です。いろいろな意味でリスクマネジメントを考えておく必要がありますね。

« リーガルの家族2 | トップページ | カリンバ »

成年後見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563119/49404223

この記事へのトラックバック一覧です: ペイオフ:

« リーガルの家族2 | トップページ | カリンバ »