フォト
無料ブログはココログ

« リーガルのいる風景 | トップページ | 転養子 »

2010年10月26日 (火)

後見制度開始10年

成年後見制度がはじまって10年が過ぎました。制度開始は2000年4月ですから10年を過ぎたことになります。私は後見人の仕事に携わって約6年半ですが、はじめのころは金融機関手続きや医療機関との関係、施設入所などなど、かなり戸惑いもあり、お互いに手さぐりだったような気がします。雑感ですが以前と変わってきていると思うところを上げさせていただきます。

①金融機関における実印取引の問題

金融機関の手続において問題になっていたことの一つに、実印で取引を求められることが多くありました。最近は、きちんと説明することで実印でなくても届出印として認めてもらえるようになりました。おかげではじめのころは2~3時間以上手続きにかかることもありましたが、今では速ければ10分程度で終わってしまうこともあります。

②医療同意の問題

医療機関における手術等の同意の問題も、以前はいくら後見人には医療同意する権限がないと説明しても、後見人に求められることが多くありました。最近では医師も、後見人に医療同意権がないことを理解してもらえることが多くなり、最近では同意しなくとも、医師のほうで最善の治療をしていただけることが多くなりました。

③身元保証の問題

施設入所の際の身元保証人の問題についても、最初のころは身元保証人としての署名、捺印を求められることが、多々ありました。入所施設が心配しているのは、①利用料の支払い②入院時の対応③死亡時の遺体の引き取り、こうしたことに心配しているようです。これら①~③についてもそれぞれ対応方法を協議していくことによって、身元保証人がなくとも契約できるようになってきています。

そうはいっても、まだまだスムーズにはいかないことも多いようです。「2010年世界後見法世界会議」のなかでもそれらのことが提示されています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101025-00000518-san-soci

« リーガルのいる風景 | トップページ | 転養子 »

成年後見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563119/49856055

この記事へのトラックバック一覧です: 後見制度開始10年:

« リーガルのいる風景 | トップページ | 転養子 »