フォト
無料ブログはココログ

« 鉄のバイエル | トップページ | バナナ »

2011年7月28日 (木)

福祉が・・・

先日、何気なく本屋に入り、「福祉コーナー」の棚を眺めていたら、ずっと気になっていた本を見つけたので買い求めました。

「福祉」が人を殺すとき あけび書房 寺久保光良著

何とも衝撃的なタイトルですが、私が社会福祉士を目指して大学で勉強していた十数年前「社会福祉原論」テキストの中に、この本が紹介されていました。1987年のこれから日本がバブル景気に向かおうとしていた時期に、30代の母親が生活保護を受けられず、子供3人を残して餓死してしまうという事件です。テキストの中では概略だけの紹介だったので、なぜ?という思いが強かったのですが、本を読み進めていくうちに、ようやく理解することができたような気がします。

日本でバブル景気だったのはずいぶん前のこと、今は不景気の嵐で、生活保護担当部署にはいつも多くの人が相談に来ています。初版は1988年出版ですが、今こそ改めて読んでみる価値のある本だと思います。

« 鉄のバイエル | トップページ | バナナ »

社会福祉士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563119/52333831

この記事へのトラックバック一覧です: 福祉が・・・:

« 鉄のバイエル | トップページ | バナナ »