フォト
無料ブログはココログ

« 子育てテラス ひなたぼっこ | トップページ | ツェルニー8小節の練習曲 »

2012年6月27日 (水)

第26回人形劇こどもフェスティバル

6月24日(日)に人形劇子供フェスティバルに、ドレミのスタッフと行ってきました。朝9時30分~15時過ぎまでとほぼ丸一日のイベントです。第26回ということですから26年の歴史があるということでしょうか。

なかなか良かったイベントが3つ

ましゅ&Keiの「カバレット」

男女二人組のパフォーマンスです。カバレットというのは、バラエティー・ショーという意味らしいですが(近い言葉にキャバレーがありますかねぇ)、ダンスホールに見立てた舞台のなかで、バンジョーの演奏からはじまり、人形劇、パントマイムなどなど面白いショーが次々と展開されます。ミュージックベルによる演奏も圧巻です。

人形劇団くぐつ「人形芝居したきりすずめ」

こちらも男女ニ人組の人形劇団です。お話はよく知られた舌切り雀の物語ですが、リアリティのある人形達と琴、三味線、太鼓などの演奏が相まってとても味わいのある劇になっています。蜘蛛の化け物が出てくるシーンなどは本当にリアルです。

人形芝居燕屋「ハロー!カンクロー」

腹話術です。カンクローという九官鳥のような?鳥との絶妙なコンビネーション(一人芝居ですが・・・)。ちょっとした仕草ややり取りがとても笑えます。

3つのパフォーマンスを観て思ったのですが、子ども向けフェスティバルとはいえ、大人が楽しめるものであるということです。また、表情、身振り、音や声の出し方、人形などの提示の仕方などがとても絶妙でした。特に間の取り方によってこんなにも引付けられるということがよくわかります。

音楽には音符と休符がありますが、間ということを考えると音符と同様に休符も大切であることを改めて気付かされますね。

« 子育てテラス ひなたぼっこ | トップページ | ツェルニー8小節の練習曲 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563119/55067129

この記事へのトラックバック一覧です: 第26回人形劇こどもフェスティバル:

« 子育てテラス ひなたぼっこ | トップページ | ツェルニー8小節の練習曲 »