フォト
無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月30日 (日)

医療モデルと生活モデル

医療モデルと生活モデル。聞きなれない言葉かもしれませんが、医療や福祉の世界では時々使われる言葉です。特徴をまとめると下のようになります。

★医療モデル

・個人の行動や特性

・疾病、傷害

・治療、リハビリ

・行動変容

・障害の見立て

・生命尊重

・原因追究重視

★生活モデル

・社会との関係や状況

・個性、特性

・生活

・環境調整、改善

・困りの見極め

・生活尊重

・関係改善重視

医療モデルは、どちらかというと、ご本人に頑張っていただくといった視点でしょうか。一方で、生活モデルは周囲の環境を整えるといった視点でしょうか。医療や福祉の場において何らかの課題がある場合、これらのモデルが活用されることがあります。

例として、脳こうそくの患者さんに対して、本人に頑張ってもらいリハビリをおこなうというのは医療モデルの考え方です。自宅をバリアフリーにする、歩行器などの補助機器を使って生活しやすくするのは、生活モデルの考え方になります。どちらが良いとか悪いといったことはありません。必要に応じて使い分けていく必要があります。しかし時に、このモデルは対立を生むこともあります。

私はかつて知的障害児者の施設で生活指導員として働いていました。男子の成人施設に配属され、30人という小さな規模の施設だったため、わりと家庭的な雰囲気の中で利用者は生活していました。私は旅行好きということもあって、その施設で働いている間、年2回の宿泊旅行の企画をずっと担当していました。利用者の希望に沿って、今度はどこへ旅行しようかと企画していました。成人の施設ということもあり、宿泊先ではいつも宴会が行われました。普段は飲酒の機会もめったにないので、こういった時は希望者にはお酒を提供していました。利用者もそれをとても楽しみにしていました。

ある年の旅行の時です。いつものように楽しく旅行を終え、数日後の職員会議で旅行の反省会を開きました。その会議の席で、新任の看護師がこう切り出しました。「疾病管理されている人に、お酒を飲ませるとはどういうことですか。何かあったら誰が責任を取るんですか?」この発言に会議の席は沈黙となり、最終的には以後の旅行では飲酒は一切禁止となってしまいました。

社会福祉の研修において、利用者の要望と、その利用者にとって必要なことが対立した時に、どう考えたら良いかという演習がしばしば出されます。この場合は、楽しみのための飲酒が「要望」になり、疾病管理のため飲酒は禁止するというのが、「必要」なこととなります。

確かに利用者の健康を考えれば、飲酒はさせないというのは正しい選択肢であるのでしょう。一方で成人利用者にとって数少ない飲酒の機会は、生活するうえで楽しみだったに違いありません。

こうした課題は本人、家族はもちろんのこと支援者もなかなか結論が出せないこともあります。医療は命を守り、福祉は生活を守るといわれることがあります。どちらも大切な考え方ですが、現実の支援の中でどうバランスを保ったらよいのかは容易ではないというのが正直なところです。

2012年12月19日 (水)

第1回日本音楽療法学会関東支部都県別講習会(群馬県)

12月8日(土)、群馬県で都県別の音楽療法講習会が開催されました。日本音楽療法学会の講習会は本部講習会、関東支部講習会などが毎年行われていますが、今年度より関東支部において都県別講習会が本格開催されるようになり、群馬でも第1回講習会が開催されました。

Shouwa会場となった群馬県庁昭和庁舎

6月から実行委員会を組織し、約半年にわたって準備をしてきました。群馬県内の音楽療法士が一堂に集まるのも初めてのことでした。

講習会のテーマは「縁」、そしてサブテーマは「~伝えあおう、理解しあおう、つながりあおう~」でした。群馬県内の音楽療法士は様々なスタイルや方法で日々の実践を行っていますが、それらの違いをお互いに分かり合おうということで、これらのテーマになったのです。

講習会は、午前10時から午後4時30分までと長丁場になりましたが、とても盛りだくさんの内容でした。・

午前の講習会はお互い様々な楽器を手にして音を出し合いながら、その後、音楽療法について一人一人が語るといったことを行いました。午後は前半と後半の2コマとなり、前半では6つの事例を報告しあいながら、解決方法を一緒に考え、お互いの話をじっくり聴きあう事例検討会を行いました。そして後半は若手セラピストによる3つのワークショップを行いました。

準備は大変ではあったのですが、県内の多くの音楽療法士をお互いに知るきっかけになりました。私たちはふだんメール等のメディアで連絡を取ることが多いのですが、やはり顔を合わせてじっくりと話し合ってこそ、お互いを理解できるのだと改めて実感しました。

来年もまた開催します。いずれ会員だけでなく、県民全般に参加してもらえる講習会にしていければと考えています。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »