フォト
無料ブログはココログ

« 医療モデルと生活モデル | トップページ | ぐんまこどもの国児童会館で催し物 »

2013年1月 6日 (日)

モーツァルトピアノソナタK331

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

一昨年からピアノを習っていますが、現在はツェルニー8小節の練習曲の51番、それとモーツァルトピアノソナタK331(第1楽章)を練習中です。

K331の第3楽章は有名なトルコ行進曲なのですが、これが弾きたいのでレッスン曲にしようとしたところ、ピアノ師匠より「では第1楽章からやりましょう。」ということになりました。

第1楽章・・・私にとってはけっこう難曲です。グレードとしてはツェルニー40番を習得していれば弾ける曲だと思うのですが、私はかつてツェルニー40番の前半で挫折しています。しかも15年以上前の話ですので、今の私は技術的には相当見劣りしています。

この曲はテーマと6つのバリエーションから成り立っています。それぞれのバリエーションはいろいろな演奏法が入り交っています。テーマはそう時間かからずに弾けたのですが、バリエーションに入ると途端に進みが遅くなってしまいました。

20121213_082601モーツァルトピアノソナタK331

とくにバリエーション3の右手のオクターブの連続はとりあえず弾けるようになるのに2か月以上がかかってしまいました。オクターブの低音は1の指(親指)でずっと弾くのですが、高音は5の指(小指)と4の指(薬指)が混在した状態で弾きます。一見すると5の指のままのほうが弾きやすいように感じられるのですが、音の粒をそろえるには5と4が混在したほうが良いようです。とはいっても慣れるまでには相当な時間がかかりました。

現在、バリエーション4の目途が付き、5に差し掛かるところです。まだまだトルコ行進曲までは長い道のりのようです。

« 医療モデルと生活モデル | トップページ | ぐんまこどもの国児童会館で催し物 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563119/56484352

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルトピアノソナタK331:

« 医療モデルと生活モデル | トップページ | ぐんまこどもの国児童会館で催し物 »