フォト
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

保育園での音楽遊びイベント

先週は県内の、とある保育園で音楽イベントに呼ばれていってまいりました。ドレミでは音楽療法のほかにも、幼稚園、保育園、高齢者の集まり、行政主催のイベントなど、いろいろな音楽イベントに呼ばれていくことがあります。

こちらの保育園には5年前からお世話になっていて、毎年この時期に「音楽遊び」のイベントとして呼ばれています。

年に1回のイベントですが、子どもたちも年長さんになってくると、去年のことを覚えているようで、「あ、ドレミちゃんだ。」「あいうえおダンス覚えているよ~。」などと言って、上手に歌まで歌ってくれます。私は、Kさんが作ってくれた着ぐるみを全身にまとっての参加です。

音楽遊びイベントは、2回に分けて行われました。第一部は、年少さんから年長さんのグループです。こちらのグループはとにかくパワフル。開始早々はじっと聞いていましたが、慣れてくると徐々にパワーアップ。先ほど言った、あいうえおダンスでは全員で合わせてダンスです。

第二部は、0歳から2歳児までと支援センターの子どもたちです。小さいながらもまねっこはとても上手にやっていました。

イベント終了後は、給食までごちそうになってしまいました。コロッケとワンタンスープがとてもおいしかったです(ワンタンスープはお替りしました・・・)。ご馳走様でした。

2013年2月 6日 (水)

モーツァルト きらきら星変奏曲 K265

この曲は昨年、仕上がった曲(やっとこさ)なのですが、改めて丁寧に仕上げなおしています。テーマの「きらきら星」は誰もが知っているメロディーで、シンプルなので弾きやすいのですが、その後に続く12のバリエーションがけっこう強者ぞろいだったりします。

20130206_22495725年前に購入した楽譜です
バリエーションⅠはいきなりテンポの速い曲のため、仕上げるのにかなり時間がかかりました。薬指を軸としてかなり使うため、なかなか安定した演奏にはなりません。いまでも結構もつれたりします。

バリエーションⅡでは左手にかなり高速な動きを期待されるため、なかなか指がもつれて、これもスムーズな演奏になりません。

バリエーションⅤあたりは演奏しやすく、それでいてモーツァルトらしさがしっかりと溶け込んでいます。

バリエーションⅦは右手が快速に動きます。うまくコロコロとした感じで演奏できればとても心地よい感じがします。

バリエーションⅧは唯一のマイナー曲です。澄んだ空気感のする曲です。私はこのバリエーションがとても好きですね。

バリエーションⅪはトリルなどの装飾記号が多用されているので、けっこうてこずります。

そして最後のバリエーションⅫは一番難易度が高いかもしれません。装飾音、右手の軽快な動き、左手の細かい動きとベースラインなど、今までのバリエーションの集大成といえる曲かもしれません。

若いときはこの曲はとても弾けないと思っていましたが、なんとか一通り弾けるところまで、仕上がりつつあるので、もうひと頑張りですね。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »