フォト
無料ブログはココログ

« 事務所を増築しています | トップページ | 楽譜を作る »

2013年5月 2日 (木)

後見人の不祥事

後見制度を悪用した弁護士が逮捕されました。なんと3900万円も着服したということです。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130501-00000194-fnn-soci

この弁護士はニュース記者の取材にいろいろと答えていますが、被後見人のもとに訪問するのに掛かる必要経費として、1回につき5万円とか10万円といっています。おまけに帰りにラーメンまで食べて、これが必要経費だと主張しています。どう考えても必要経費にはなりません。

後見業務を遂行するにあたって、ご本人からいただく費用として

①報酬

②必要経費

の2点があります。報酬については、法定後見制度の場合は業務内容や管理財産等の状況により、家庭裁判所が決定します。決定された金額をご本人の財産からいただくわけです。任意後見の場合は本人と契約した金額において決まります。

そしてもう一点の必要経費は、後見業務を遂行する上で必要な費用のことです。たとえば通信に必要な郵便切手、各証明書等を取り寄せるのに必要な収入印紙、面会に必要な交通費などが必要経費になります。あくまでも業務遂行のために必要となる実費です。

ですからこの弁護士が言うように、1回の訪問で何万円も経費が掛かることはあり得ません。ましてやラーメン代を本人の財産からいただくこともあり得ません。せいぜい数百円から数千円程度でしょう。

通常は必要経費についても定期的に家庭裁判所に報告するので、こうした不適切な行為を報告したとすれば、当然に家裁から指導が入りますし、場合によっては解任、刑事告訴されるなどの処分になります。

報道では、この弁護士は2007年9月に後見人に就任し。その後、2010年3月に1000万円の預金を解約し自分の口座に入金、さらには不動産売却した代金2900万円も着服したとのことです。3年以上も前からこうしたことをしていたのに、明るみに出なかったのはなんとも不思議なことです。家裁へはどんな報告をしていたんでしょうか?

財産を守る後見人が、ましてや専門職後見人が、こうしたことをしてしまうのは何ともやりきれないものですね。

« 事務所を増築しています | トップページ | 楽譜を作る »

成年後見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563119/57292283

この記事へのトラックバック一覧です: 後見人の不祥事:

« 事務所を増築しています | トップページ | 楽譜を作る »