フォト
無料ブログはココログ

« 木綿のハンカチーフ | トップページ | 専門職による成年後見制度の悪用 »

2013年8月11日 (日)

暑いぞピアノ

ドレミサポートハウスは、最高気温で名前が出てくる、館林市と熊谷市の間にある太田市にあります。8月10日の館林市は40.1度となりました。

http://mainichi.jp/graph/2013/08/11/20130811k0000m040049000c/001.html

5月にグランドピアノを導入したのですが、

20130811_134243


この数日の暑さで、ピアノの音が一気にズレだしたようです。ドラムスのスナッピーの振動音(共振)のような音も加わって、とても・・・素晴らしい響きになってしまいました。

20130811_133755ギターチューナーで測定してみました


Aの音を442Hzにしてもらっているのですが、今日測定したら、436Hzとなんと6Hzも下がっています。高温いや高音部と低音部は比較的狂いは少ないのですが、真ん中あたりの音は狂いが大きくなっています。調律は高音部はより高く、低音部はより低く調律する傾向があるとのことなので、中音部とのズレが余計に感じるのかもしれません。

だから和音とかオクターブで音を抑えると、音感の悪い私でもはっきりとズレを感じます。

導入したばかりのピアノは最初はズレやすいのはわかっていましたが、この暑さも加わってさらにズレまくっています。

早めに調律頼もうっと。

« 木綿のハンカチーフ | トップページ | 専門職による成年後見制度の悪用 »

楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563119/57970573

この記事へのトラックバック一覧です: 暑いぞピアノ:

« 木綿のハンカチーフ | トップページ | 専門職による成年後見制度の悪用 »