フォト
無料ブログはココログ

« ドラムストラック | トップページ | 音楽でマウスが延命 »

2013年9月 5日 (木)

音楽の正体

もう10年以上前になりますが、地元の図書館で偶然見つけ読んだ本です。最近になって、たまたまネット上で20年前に深夜番組で放送されていたことを知りました。そんな経緯もあって、改めて書籍を購入して読んでみました。すでに絶版になっているので、中古品でしたが。

41gxb0bgjfl_sl500_aa300_1


初版が発行されたのは1995年ですが、今読んでも作曲やアレンジを行う上で大変役に立ちます。音楽関係者はもちろんですが、あまり専門的知識がなくてもとても面白く読むことができます。

たとえば第一章の終止形の項では、主要三和音であるⅠを夫、Ⅳを愛人、Ⅴを妻に例えて説明しています。曲の進行として、

Ⅰ(夫)-Ⅳ(愛人)

Ⅰ(夫)-Ⅴ(妻)

もちろんどちらもありなのですが、終止形となると、

Ⅳ(愛人)-Ⅰ(夫) 変終止

Ⅴ(妻)-Ⅰ(夫)全終止

となり、上の場合はなんとなく終わったものの、また次へ行きたくなる、ズルズルといった感じになります。一方で下の場合は、ちゃんと終えたといった感じになります。

こういった分かりやすい・・・例えで説明がなされるので、音楽理論がスッと入ってきます。ぜひご一読ください。

« ドラムストラック | トップページ | 音楽でマウスが延命 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563119/58133136

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の正体:

« ドラムストラック | トップページ | 音楽でマウスが延命 »