フォト
無料ブログはココログ

« 音楽の正体 | トップページ | 歌舞伎座 »

2013年9月17日 (火)

音楽でマウスが延命

先日、読売新聞を読んでいたら次のような記事がありました。

「音楽でマウスが延命するという研究でイグ・ノーベル賞」

実際の記事はこちらです。

B2n70p7bt3bqk6abgafd0ere_10


イグ・ノーベル賞とは「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して贈られる賞として1991年から創設されました。実用性というよりもユーモアに対して贈られる賞といったようです。

しかし、記事を読むと、ふつうマウスに心臓移植すると7日ほどで死んでしまうというのですが、それがオペラ「椿姫」を聴かせつづけると平均で26日も生きたというのですから、音楽の力が作用したと考えられるわけです。

マウスが「音楽」を、音楽として味わうことができたのかどうかはわかりませんが、少なくとも、この研究が音楽は生きる力になることを示していると思われるのです。

« 音楽の正体 | トップページ | 歌舞伎座 »

音楽療法士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563119/58215713

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽でマウスが延命:

« 音楽の正体 | トップページ | 歌舞伎座 »