フォト
無料ブログはココログ

« 石田徹也さん | トップページ | 認知症と電車事故による賠償 »

2013年11月 2日 (土)

企業と社員

先日の読売新聞に「社員を幸せにする会社」という記事が載っていました。日本理科学工業と未来工業の2社が紹介されていました。私自身も経営者の端くれなので、この2社のことは本やテレビなどで紹介されて知っていました。

日本理科学工業は主にチョークを作っている会社ですが、社員の約7割が障害者の方々です。ユニークなのは仕事の方法を社員の一人一人の個性や力に合わせて工夫していることです。

また、禅寺の教えに沿って、人の幸せについて①人に愛されること、②人に褒められること、③人の役に立つこと、④人から必要とされること、の4つを理念として実践しているということです。

もう一社の未来工業は、「考える」ということを前面に出している企業です。

残業なし、ノルマなし、改善提案制度や、ホウレンソウ禁止(報告、連絡、相談)といったこれもユニークな理念の企業です。

それぞれアプローチは違っていても社員の幸せを考えている2つの企業です。どちらも共通するのは社員を全面的に信頼していることだと思うのです。

会社は「利益」を出さなければ、無くなってしまう存在です。グローバル社会の中で、企業の存続が難しい時代になってきています。社員に無理を強いている企業も少なからずあるかと思います。こうした時代背景の中で、社員を信頼し、社員を幸せを理念とする会社こそが、企業としても成長し長きにわたって続けられるということを、この2社は示しているのではないでしょうか。

« 石田徹也さん | トップページ | 認知症と電車事故による賠償 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563119/58500385

この記事へのトラックバック一覧です: 企業と社員:

« 石田徹也さん | トップページ | 認知症と電車事故による賠償 »