フォト
無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

久々のウォーキング③

川俣駅へ向かう途中では、ふたたび特急りょうもう号に出合いました。昔は急行りょうもう号だったのですが、現行車両に全部切り替わった1999年に特急列車に格上げしました。

20131221_125736_resizedナイスタイミングで撮れました

群馬県最終駅となる川俣駅にはPM1:15到着です。

20131221_131500_resized


それにしてもこの日は天気は最高ですね。空と雲のバランスが最高です。

20131221_135926_resized利根川北側土手からの風景

いよいよ県境を越えます。国道122号線沿い昭和橋を北から南へ向かい、羽生駅へ向かいます。PM2:06通過です。

20131221_140616_resized昭和橋を通過中


羽生駅です。PM3:20到着です。AM7:00出発だったので8時間20分の工程ということになります。全行程約25㎞の旅でした。

20131221_151950_resized羽生駅前

20131221_152117_resized


この後は近くの温泉に入って打ち上げとなりました。もちろんビールです。

来年もよろしくお願いします。

2013年12月29日 (日)

久々のウォーキング②

館林から歩いていくと早くも茂林寺前駅にAM10:53着です

20131221_105322_resized茂林寺前駅です

ここから茂林寺へ至近距離です。

20131221_110321_resized茂林寺の境内入り口です

20131221_110722_resizedずらりと並んだ狸
たくさんの狸像がいろいろな衣装に身を包んでいました。

 

と、お昼に近くなってきたので、駅の近くのラーメン店へ。全行程歩行なので、昼からビールが付きます。餃子、モツ煮込み、野菜炒め、やはり〆はラーメンでした。

20131221_114826_resized_1運動のあとはビールやね

店の前には看板猫が、とても人懐っこいです。

20131221_123713_resized_1ペロペロ・・・ニャーゴ


PM12:40から、再び歩き出します。ビールが入ったのでペースはやや落ちてきます。

 

続きは③で



2013年12月25日 (水)

久々のウォーキング①

久々に休みが取れたので、旧友とウォーキングに行ってまいりました。AM7:00に自宅を出発。

20131221_080354_resized赤城山がきれい
友人とは「県駅」に8時待ち合わせです。ここから、東武線沿いに、県→多々良→館林→茂林寺前→川俣→羽生まで、すべて徒歩にて駅に立ち寄ります。全体で25キロほどの工程でしょうか?

20131221_080737_resized県駅
県駅には8時ころ到着です。

20131221_081319_resized特急りょうもう号

駅を右手に眺めながら歩いていると、特急りょうもう号が県駅に停まりました。本来停車駅ではないのですが、上下線のすれ違いのため停まっていたようです。

20131221_085853_resized多々良駅
多々良駅にはAM9:00ころ到着です。順調に歩いています。

20131221_095644_resized館林駅
館林駅にはAM9:50ころ到着です。

20131221_095756_resized気温9度です

夏は猛暑の舘林ですがこの日は9度とひんやり。時々この温度計が40度超えになっていることが新聞などで報道されますね。上のキャラクターは館林のゆるキャラで「ぽんちゃん」です。

20131221_103640_resized東武線

踏切で東武線に出合います。沿線沿いウォーキングならではの電車ウォッチですね。

 

画像の容量が大きくなってしまったので続きは後ほど。

2013年12月 1日 (日)

大難聴時代

今朝の読売新聞に掲載されていました。

~近い将来「大難聴時代」~ (読売新聞平成25年12月1日掲載)

記事を要約すると、国内には1500万人以上の難聴者がいるそうで、多くは65歳以上だそうです。ただ携帯型プレーヤーを使用している世代が高齢者になった時に難聴予備軍が急増するとのこと。インターネットでは自己診断できる無料アプリがあるそうです。聞こえが悪くなると、対人関係にトラブルなどが生まれ、場合によってはうつ病や認知症になることもあるそうです。

思えば、ソニーのウォークマンが登場したのが1979年です。それから携帯型プレーヤーはどんどん進化し、いまや超小型になり、誰もが持つようになりました。携帯型プレーヤーが音楽を、みんなで聴くものから、一人一人が聴くものへと変えていったといわれています。それだけでなく、難聴といったことへの影響もあるのですね。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »