フォト
無料ブログはココログ

« ピアノの練習方法 | トップページ | ベートーベンピアノソナタ 《第1番》ヘ短調 Op.2-1 »

2014年2月 7日 (金)

第12回日本音楽療法学会関東支部講習会大会に参加して

ご無沙汰です。さて去る1月25日(土)~1月26日(土)の2日間、栃木県宇都宮市の栃木県総合文化センターにて、第12回日本音楽療法学会関東支部講習会大会に参加して講習会・大会が開催され参加してきました。

1月25日(土)講習会

初日は講習会です。講習会は全部で6コマあるうちの3コマを選択するプログラムになっています。私は3コマすべてワークショップを選択しました。

1コマ目 「楽器による表現」山本久美子先生

様々な楽器を使っての表現を学ぶワークショップでした。講師は、特別支援学校で多様な楽器を使い実践を重ねてきました。手作り楽器、お取り寄せ楽器、一見楽器には見えない物もありますが、そのどれもが楽しそうでユニークなものばかりでした。特に興味を引いたのは、にわとりのおもちゃで胴体を押すと、クェ~・・・といった感じで鳴きます。あまりにも面白かったので帰宅後に通販で購入してしまいました。「犬 鶏 おもちゃ」とかで検索すると出てきます。

http://item.rakuten.co.jp/fujix/9354760092/

もうひとつはスウィングバーギターという楽器で、ギターのフレットに取り付けられたバーを倒して弾くと簡単にコード演奏ができます。スウェーデンのブンネ楽器から発売されています。

http://www.bunnemusic.jp/instruments/

2コマ目 身体の動きによる表現 石田保代先生

埼玉でリトミック教室を主宰する講師による、リトミックを中心としたワークでした。約90分間体を動かしまくっていました。

講師の分かりやすい伴奏をベースに、いろいろな表現を全員で体験しあいます。

こういうワークはとにかくやってみるのが一番。終わった後は体はけっこうガタガタになっていましたが、とにかくいい汗かきました。

3コマ目 声による表現 土`野研治先生

過去に数回このワークには参加しています。「大きな栗の木の下で」の合唱から始まるのがこのワークのお約束。伴奏と歌とのバランス、関係からはじまり、参加者同士のやりとりによるワークに入っていきます。全員でつながりながらの「ホンジャガマガマガ」と歌い?ながらテンポよく歩いていく体操?はとてもユニークなワークでした。

後半では様々な歌手の歌い方を紹介したDVDを鑑賞。世界のいろいろな歌手のレッスンの様子やコンサートの模様を観させてもらいました。

しかしながら、相変わらず土`野先生のピアノ伴奏は秀逸です。

といったところで3コマ目が終了。2日目の大会の様子はまた後ほど・・・。

« ピアノの練習方法 | トップページ | ベートーベンピアノソナタ 《第1番》ヘ短調 Op.2-1 »

音楽療法士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563119/59089213

この記事へのトラックバック一覧です: 第12回日本音楽療法学会関東支部講習会大会に参加して:

« ピアノの練習方法 | トップページ | ベートーベンピアノソナタ 《第1番》ヘ短調 Op.2-1 »