フォト
無料ブログはココログ

2013年1月28日 (月)

最近のリーガル君

久しぶりですが、最近のリーガル君です。

去年の12月31日で3歳になりました。

20130128_222024_6まんまる


今年の冬は寒いせいか、上記のように繭玉のようになって寝ています。

2011年1月27日 (木)

貯犬箱

貯犬箱といいます。最近疲れ気味の私にスタッフの一人から頂きました(感謝)。

Dog

皿のところにコインを置くと、バクバクと食べて貯金します。

ちなみに手前にあるお菓子はリーガル用のお菓子です。

2010年12月16日 (木)

星守る犬

コミックの紹介です。

もう半年以上前に買って読んだコミックです。

失業、持病を抱え、家族を失ったお父さんが飼っている犬とともに旅に出る物語です。その後の続きは実際に読んでいただくとして、作者のあとがきの中に、普通の人が普通の暮らしをしていくことが難しい時代になってきた旨の言葉が、とても印象に残ります。

Isbn97845753014341 表紙の犬とヒマワリが印象的です

物語には、現代日本の課題が、縮図として詰め込まれている印象がします。家族、失業、貧困、医療、福祉(ケースワーカーも登場します)。

日本の福祉は、介護保険や支援費(のちに障害者自立支援法)によって契約が導入されました。言い換えれば福祉を必要とする人がサービス提供業者からサービスを「買う」時代になりました。確かにいろいろなサービスが提供されるようになりました。その一方で福祉サービスを受けるにあたっていろいろな課題が生じてきたように感じます。どの程度の費用が支払えるによって受けるサービスに大きな幅が生じることにもなりました。

これから日本の福祉はどうなっていくのか?私も契約をベースにした福祉の場で実践している立場ですが、いろいろと考えさせられます。

2010年11月15日 (月)

リーガルのいる風景2

ようやく事務所のレイアウト変更に目途がつきました。

Ph_216_2 

真ん中にいる犬ですか?もちろんリーガル君です。

2010年10月22日 (金)

リーガルのいる風景

ある日のドレミサポートハウス事務所風景です。ただ今レイアウト変更中で、少々事務所内はバタバタしています。

Ph_208

真ん中にいる犬は、もちろんリーガル君です。

2010年9月 8日 (水)

リーガルの家族2

リーガルの家族に会ってきました。

Ph_1532

こちらは父です。やたらと吠えていました。ワァァン、ワァァンと吠えています。

Ph_1592

こちらは母(左)ときょうだいメス(右)です。よく似ています。どちらもクゥ~ンと鳴いていました。

Ph_5162

こちらはある日のリーガルです。ドレミサポートハウスの事務室で昼寝しています。お気楽ですね。ZZZ・・・。

2010年8月 7日 (土)

リーガルの家族

リーガルの家族(一部)を紹介します。

きょうだい(メス)です。リーガルよりもすこしふっくらしています。

Ph_92

こちらは母です。似てますね~。

名前は個人情報の関係でふせておきます・・・。

Ph_95

2010年8月 2日 (月)

看板犬リーガル

プロフィールのところに載っている犬の写真ですが、ドレミ事務所で飼っている犬で「リーガル」といいます。昨年の12月31日に生まれ、今年の4月1日にドレミで飼い始めました。もともとは後見のしごとの関係で、利用者さんのお宅の犬だったのですが、一緒に生まれたきょうだい(6匹きょうだい)と合わせると9匹という大所帯となってしまったため、利用者さんとも相談の上、里親を探していたのでした。

Ph_494 お気楽に昼寝中 ZZZ・・・

この里親探しが結構難航しました。関係者の方に協力してもらって、新聞に里親募集を掲載してもらったのですが、何度か掲載したところ、もらわれていったのは2匹だけでした。生後3か月近くになっても4匹残ったままでした・・・。仕方がないので今後のことで利用者さん宅に相談に行ったときに、部屋の外を見ると、この「リーガル」と目が合ってしまいました。結果、本人や関係者(家庭裁判所等)の許可をいただいたうえで、ドレミで飼うことになったのです。

その後は、関係者の方の協力もあって、1匹は利用者さんが飼うようになり、他は全員無事に里親にもらわれていきました。皆さんのおかげで「リーガル」はすくすくと育っています。思いもよらぬ縁ですね。

7月上旬の様子

Ph_16